「請負」と「技術者派遣」両面でのアプローチ

「請負」と「技術者派遣」による高付加価値サービス

・請負 ー 依頼された開発テーマにもとづいて研究・開発・設計プロジェクトチームが社内で業務を遂行するサービス。

・技術者派遣 ー 依頼された開発テーマにふさわしいエンジニアを派遣し、クライアントのプロジェクトスタッフ として、業務を遂行するサービス。

・ダイセキでは2つのサービスを両立することでお客様の要望にフレキシブルにお応えできます。

請負のメリット

  • 請負の技術者が多く在籍しており、ボリューム対応が可能。
  • 社内に様々な経験を持った技術者が多く在籍しているため、新しいアイデアの創出ができる。
  • お客様の社内ルールや業務のすすめ方などといった情報を社内で共有することにより、継続的な案件依頼でも対応可能。

技術者派遣のメリット

  • 一時的な派遣にも対応可能。(短期でも長期でもOK)
  • ユニットで動くため、お客様の指揮命令に手間がかからない。
  • 一緒に作業することでお客様との意思疎通も密にできる。

請負と技術者派遣を両立することのメリット

  • 派遣者(お客様のもとに派遣するダイセキ社員)が窓口となり、ダイセキ事務所と連携して案件を進められる。
  • 派遣者がダイセキ事務所に戻って請負業務も担当できる。
  • 請負メンバーと派遣窓口がお客様の情報を共有して密なコミュニケーションをとることで、スピーディーで高品質な対応が可能。
  • お客様と同じ目線を持った設計開発ができる。

活動事例

(派遣時)

入業者と事務所と連携して案件を行う

派遣者と事務所と連携して案件を行う

ダイセキ派遣者は、お客様の案件のボリュームに応じて、ダイセキ社内での請負チームと連携して案件に対応することが出来ます。もちろんその際はお客様のことをよく知る入業者が窓口となって指示、指導をしますので、お客様の手間かけずにボリュームのある案件にもスムーズに対応することが出来ます。

(派遣終了時)

入業者が事務所に戻り、案件担当者として案件の取りまとめを行う

派遣者が事務所に戻り、案件担当者として案件の取りまとめを行う

ダイセキ派遣者がお客様の元を離れた後も、後日お客様から請負の案件を頂いた際は、お客様の案件に詳しい元派遣者がダイセキ社内で請負チームを指示、指導しますので、お客様の手間をかけることなくスピーディーに業務を開始することが出来ます。

PAGE TOP

pagetop