ページの先頭へ

採用FAQ

面接や入社日の日程について相談はできますか?
事情に合わせて柔軟に対応しています。

開・閉

特に中途採用の場合は在職中の方なども多いので、ご都合に合わせて調整しています。面接については、場合によっては就業後や休日などで設定させていただくことも可能です。

応募から内定まではどんな流れですか?
選考は1〜2回、結果は3日〜1週間程度でご連絡しています。

開・閉

応募受付後、個別に面接日程を調整させていただきます。応募書類にメールアドレスを記載していただくと大変助かります。通常、一次選考は適性検査・面接、二次選考は面接のみです。遠方のかたなど場合によっては、1回の選考で対応することもあります。

未経験/経験が浅い/異分野からの転職/ですが、応募は可能ですか?
当社は幅広い人材を求めています。

開・閉

お客様の業種は年々広がっており、それに伴ってサービスの幅もどんどん広がっています。今後も成長を続けるためには、現状に満足せず、拡大路線を歩むことが必須であると考えています。そのためには、ダイセキでさまざまな経験をしてスキルを身につけていく若い層も必要ですし、これまでの経験を生かしてサービスの拡大に寄与していただくさまざまな分野の経験者も必要です。まずはお気軽に、お問い合わせください。

入社後に研修は受けられますか?
それぞれのスキルに合わせて必要な研修を行っています。(→ダイセキの教育・研修制度)

開・閉

新卒採用の場合は全員、基礎研修から。必要な場合はセミナーや通信教育などで補完します。中途採用の方や中堅クラス以降は、スキルレベルに応じて必要な研修を行います。また、CADに関しては種類がたくさんありますので、実務上必要なものを優先に覚えていっていただいています。

必要な資格はありますか?
推奨している資格であればいくつかあります。

開・閉

ダイセキでは、「機械設計技術者」の資格を全社的に推奨しています。1級・2級は資格手当の対象ともなっており、試験のための社内勉強会もあります。3級を持っている方であれば、機械系学科の出身でなくても同等の知識レベルをお持ちであると判断しています。その他、機械・プラント製図技能士や計算力学技術者など、技術系の公的資格を中心に手当の対象としています。

また、実業務では、お客様のところへ打ち合わせや納品に行くことも多々あるので、自動車運転免許は持っていていただけると助かります。

希望する仕事ができますか?
本人の意志をとても大切にしています。

開・閉

自分の希望を発信する機会が多いので、基礎的なスキルを身に付けた後は、希望に近い案件に関われる可能性が高くなります。また、案件の種類だけでなく、長期的なキャリアの選択についても自由度の高い会社です。技術者の道を極めたり、あるいはマネジメントの道に進んで経営の一翼を担うなど、本人の意志と頑張りによって選択の幅は無限にあります。逆にいえば、本人の意志にそぐわない異動は行っていません。

勤務場所はどのようにして決まりますか?
原則は通勤しやすい方の事業所で決めています。

開・閉

新卒採用の場合は、基本的に家に近い方の事業所で、その年の人数バランスによって最終的に調整しています。中途採用の場合は、これまでのご経験と各事業所の案件内容、そしてもちろん通勤の利便性も考え合わせた上で決めております。

残業はどれくらいありますか?
従業員平均は約30H/月くらいです。

開・閉

プロジェクトの流れにより増減はありますが、基本的に「みんなで一緒に帰ろう」という考え方なので、プロジェクトあるいは事業所の枠を超えてお互いに協力・応援をしながら業務を進めています。

社員の平均年齢はどれくらいでしょうか?
近年は32〜33歳で推移しています。

開・閉

この10年ほどで従業員数が3倍以上になり、技術者も100名を超えるようになりました。その間、若年層を中心に採用活動を行ってきたため、平均年齢は比較的低い方だと思います。20代後半から30代前半の層が最も多くなっています。また、新卒採用数も年々増えてきているので、しばらくはこの傾向が続きそうです。

社員間の交流は盛んですか?
実業務の面でも、プライベートの面でも、さまざまな交流があります。

開・閉

お客様のところに派遣で行っているダイセキ社員から、ダイセキ所内宛てに請負業務を依頼したり、時には所内の請負案件で困っていることを派遣に出ている社員に相談したりと、実案件で頻繁に相互協力をしています。(→なぜダイセキが選ばれるのか?)

各事業所では定期的に食事会が開かれていますが、その他でも気の合う人同士で休日遊びに行ったりしています。また、ダイセキには全社員が所属する親睦会というものがあり、旅行や忘年会などの各種イベントやクラブ活動などを行っています。ほかには、3ヶ月に一度全社員が集まる定例会議や、さまざまな形で行われている社内勉強会などで、事業所の枠を超えて交流する場がたくさんあります。

派遣と聞くと不安があるのですが大丈夫でしょうか?
請負と派遣を両立させているのがダイセキの強みです。(→なぜダイセキが選ばれるのか?)

開・閉

派遣には大きく二つの種類があります。仕事のある期間だけ雇用契約を結ぶ一般派遣と、正社員契約のもとに行う特定派遣です。ダイセキでは、お客様からご要望があれば、先方でお客さまと一緒に設計・開発を行う技術者派遣サービスも行っており、技術者はすべて正社員なので、前述の区分けでいうと特定派遣にあたります。プロジェクトの期間に対してお客様とダイセキの間で契約を結びますが、プロジェクトが終了し事業所に帰ればまた請負業務に戻っていただきます。日雇い的な登録型の一般派遣と違い、常に雇用が守られています。また、特定派遣にも実態はいろいろありますが、ダイセキは人材派遣専門の会社ではないので、次の派遣先が決まるまで待機・研修ということはありませんし、派遣手当が外れて給与が大きく変わる、ということもありません。プロジェクト期間中は就労場所が変わるだけ、と考えていただいて結構です。ダイセキの技術者にとって、派遣はスキルを磨くチャンスの場ともなっています。

技術者派遣では全国各地に転勤があるのでしょうか?
派遣先は現在ほぼ関西地域で、自宅から通勤している人がほとんどです。

開・閉

関西の中でも大阪・兵庫(神戸・明石)がほとんどです。基本的に自宅からの通勤圏内ですが、どうしても通勤が難しい場合は、その期間は会社がアパートを借りて対応しています。年々お客様が広がる中で、地域的にも少しずつ広がっていますが、今後関西圏以外のお客様が増えてくれば、現地で採用活動を行うべきだと考えています。

派遣期間はどれくらいでしょうか?
3ヶ月〜半年の契約が多いです。

開・閉

ダイセキは数日や数週間の派遣依頼にも対応しており、プロジェクトの内容にもよるので一概には言えませんが、お客様のご要望で多いのは3ヶ月〜半年の契約です。プロジェクトが延長されたり、お客様がその技術者に次プロジェクトも任せたいと考えられた時は、契約が延長されることもあります。中には10年以上も同じお客様のところで開発に携わっている社員もいます。事務所に戻ってからも、その技術者宛てに請負案件を依頼されるなど、お客様との繋がりがダイセキ技術者の重要な資産となっています。

女性が活躍できますか?
仕事上で男女の区別はしていません。

開・閉

機械設計の仕事は性別によって業務能力が大きく変わるものではないので、当社としても仕事の上での区別は特にしていません。女性でもしっかりとスキル・ノウハウを身につければ、当然男性と同じように昇給・昇格するチャンスがあります。実際、案件の主担当としてお客様や協力会社と折衝をして活躍している人もいます。

出産や育児に関する制度はありますか?
最新の法律に準拠した内容にしています。

開・閉

出産・育児関係ではたびたび法律改正が行われていますが、ダイセキでは常にコンプライアンスを遵守する制度にしています。機械設計技術者という職種上、女性の割合は決して多くありませんが(約1割)、全員で協力し合って業務をこなしていく社風なので、女性にとっても働きやすい環境だと思います。実際、育児休業を取得している期間や復帰後の大変な時期などは、ほかのメンバーで実務をカバーしています。2回目の育児休業を取得する人もいるなど、「復帰しよう」と思ってもらえていることが働きやすさの証明になるのではと考えています。