ページの先頭へ

キャリアステップ

  • キャリアステップ
  • キャリアステップ
  • キャリアステップ

ダイセキは中途入社も多く、それぞれ違った段階からスタートすることも多いので 、分かりやすく新卒入社の場合の基本的なステップアップの流れをご紹介します。

STEP1⇒新卒入社(基礎研修を経て、徐々に実務へ)

キャリアステップ

入社して2ヶ月程度は基礎研修プログラムに則って、ベースのスキルを身につけていきます。また、必要に応じて別途セミナーや通信教育などで基礎力を補っていく場合もあります。その後は現役社員の補助をしながら少しずつ実務に入っていきます。

STEP2⇒2,3年目(本格的な実務)

キャリアステップ

各案件のメンバーとして、主担当の指示のもとに業務を進めていきます。この頃に何となく自分の得意な・やりたい方向性がイメージできていく場合が多いです。早い人では簡単な案件の主担当としてお客様と直接打ち合わせを進めたりする人も出てきます。

STEP3⇒案件主担当としてメンバーをまとめる

キャリアステップ

実際の業務では、中にはひとりで進めるものもありますが、多くは案件ごとに3〜4名程度でチームを作って進めていきます。案件の主担当は、お客様と打ち合わせした内容をメンバーに伝えたり、作業の進捗状況を把握・調整しながら、納品まで進めていきます。

STEP4⇒各事業所をまとめる

キャリアステップ

それぞれの事業所内ではいろいろな案件が同時進行しており、案件によってメンバー構成も変わります。事業所リーダーは、各案件がスムーズに流れるよう全体的な管理を行います。また、繁忙状況によっては事業所間で相談しながら協力して業務を進めていきます。

キャリアアップ支援制度で効率的なステップアップ

キャリアステップ

半年ごとに短期の個人目標を設定することにより、明確な目標を持って日々の業務に取り組むことができます。目標は、個人だけであるいは会社が一方的に設定するものではなく、個別に面談・相談した上で設定します。半年後の面談で結果を話し合い、また次の目標を設定します。この結果は昇給・昇格や賞与の参考値にもなるので、スキルアップだけでなく、早期のキャリアアップも可能です。

人によってゴールはさまざま

将来的にマネージャなどの管理職を目指すも良し、スペシャリストとして技術の道を究めるのも良し、です。それぞれのキャリアプランに合わせてどんどんステップアップしていってください。